一般の皆様へ

交通事故の場合

届出をすること!

交通事故にあったら、すぐに警察に届けると同時に市、町の窓口にも届出をしてください。

 

1 医療保険制度

(1)第三者行為による傷病届

(2)事故発生状況報告書

(3)同意書

(4)誓約書(国民健康保険用)

   誓約書(後期高齢者医療用)

(5)委任状兼同意書

(6)人身事故証明書入手不能理由書

(7)交通事故証明書入手不能理由書

 

2 介護保険制度

(1)第三者行為による傷病届

(2)事故発生状況報告書

(3)同意書

(4)誓約書

(5)委任状兼同意書

(6)人身事故証明書入手不能理由書

(7)交通事故証明書入手不能理由書

医療費は加害者が負担!

交通事故などで第三者の行為によりケガをしたり、病気になった場合、その医療費は加害者が負担すべきものです。
国保を使って診療を受けた場合でも、加害者が負担すべき医療費を国保が一時立て替えて後で被害者にかわって加害者に請求することになります。

示談は慎重に!

市、町の窓口へ届出る前に加害者と示談を結んでしまうと、その示談の取り決めによっては、あとで市、町から加害者に請求できなくなる場合があります。 示談を結ぶ前に市、町の窓口に相談をしてください。

前のページヘ戻る

このページの掲載内容に関するお問い合わせ
部署:総務部事業課求償係
電話:078-332-9504 FAX:078-332-0986 
Eメール:kyuusyou@kokuhoren-hyogo.or.jp
【受付時間】月~金曜日(祝日および12/29~1/3を除く)8時45分~17時15分
※詳しくは、ご加入の市区町国民健康保険・国民健康保険組合へお問い合わせください。
ページ先頭へ