兵庫県市町診療施設運営対策協議会

兵庫県市町診療施設運営対策協議会とは

 兵庫県市町診療施設運営対策協議会は、地域医療の確保を図るため、会員からの医師充足希望に基づき、兵庫県と共同し、関係機関と連携を図りながら医師確保に取り組んでいます。

兵庫県市町診療施設運営対策協議会とは

役割
目的 兵庫県市町診療施設運営対策協議会(以下「協議会」という。)は、市町が運営する診療施設の経営の合理化と安定並びに治療と予防の一本化された地域医療を確保することによって、国保被保険者並びに地域住民の福祉向上を期し、国保事業と保健衛生事業等の健全な運営と発展に寄与することを目的としています。
事業 協議会は、次の事業を行っています。
(1) 医療要員の確保
(2) 地域医療の確保並びに治療と予防の一体的運営についての調査、研究、資料の収集配布
(3) 診療施設に勤務する医師及び歯科医師の医学会、懇談会の開催
(4) 診療施設の相互の連絡及び協調についての事業
(5) 社団法人全国国民健康保険診療施設協議会等全国的な組織との連携強化
(6) 研究会、講習会、打合会の開催及び印刷物の刊行
(7) その他必要と認められる事業
組織
会員 協議会は、診療施設を運営する市町及びこの協議会の趣旨に賛同する市町をもって会員としています。
総会 総会は、会員をもって構成しています。
議決事項は、規約の改廃、予算及び決算等となっています。
通常総会は、毎年2回開催し、理事会の議決により招集されます。
理事会 理事会は、理事9名で構成されています。
議決事項は、総会の招集及び総会に提出する議案、会務運営の具体的な方針等となっています。
監事監査 監事監査は、監事2名で構成されています。
監事は、協議会の業務を監査します。
地区代表者会議 地区代表者会議は、協議会理事選出の市長の事務担当者、医療部会正副部会長及び学識経験者で構成されています。
調査、研究及び審議する事項は、協議会事業の企画及び運営、財政計画等に関する事項となっています。
医療部会 医療部会は、協議会会員が設置する診療施設に勤務する医師及び歯科医師をもって部会員とし、理事会の要請に基づき協議会事業について調査研究等を行います。
事務局 協議会の事務局は、兵庫県国民健康保険団体連合会内に設置しています。

 

兵庫県市町診療施設運営対策協議会の取り組み

 

「国民健康保険等診療施設の医師確保に関する支援等の要請について」

 

 会員診療施設における医師確保の厳しい状況等を踏まえ、兵庫県に国民健康保険等診療施設の医師確保に関する支援等を要請しました。

 この要請につきましては、中長期的な医師確保の取り組みを進めてもらいたいとの会員からの意見を踏まえ、診療施設ごとの中長期的な医師の必要数を把握する調査を実施し、その調査結果をもとに、医師の確保について、以下2点に係る支援等の要請書を作成しました。

 

1 国民健康保険等診療施設の医師確保についても地域の課題として重点的に支援いただきたいこと。

2 安定した医師の確保が実現されるように、将来を見据えた医師確保対策に取り組んでいただきたいこと。

 

 要請書については、平成28年8月5日に本協議会の岡本英樹会長(新温泉町長)から、兵庫県健康福祉部健康局長藪本訓弘氏に要請書を手交するとともに、要請書の内容について、説明を行いました。

 これに対して、本局長から、日頃から兵庫県市町診療施設運営対策協議会の医師確保の取り組みにご助力いただいていることは承知している、この要請書の趣旨等を踏まえて、今後、どのように支援できるか検討していきたい旨のコメントがありました。

平成28年8月5日要請書手交時

左:兵庫県市町診療施設運営対策協議会会長

  岡本英樹 氏(新温泉町長)

右:兵庫県健康福祉部健康局長 

  本訓弘 氏

 

 

 

 

国民健康保険等診療施設の医師確保に関する要請書

 

会員診療施設における中長期的な医師の不足状況調査結果(詳細)

 なお今後は、この兵庫県への要請の他、関係機関に対する医師確保の協力依頼については、医師、歯科医師で構成される本協議会医療部会の協力を得ながら進めていきたいと考えています。

 

ページ先頭へ